子供にウェブで出来ることでやっていけないことを教えるには?

不適切な情報から子どもを守るためには話し合いも必要

現代では一家に一台以上パソコンやタブレットなどのインターネット接続が出来るデバイスをもっている家庭がほとんどなのではないでしょうか。そんな環境の中で、子どもたちのネットの利用について心配をしている人も少なくないと思われます。 ひとたびインターネットにアクセスすると色々な情報を見ることが出来ます。最近ではさまざまな画像や動画のデーターを閲覧できるサイトも多くあるので、子どもに見せたくないような刺激的な動画や危険な画像などにも簡単にアクセスしてしまう危険性があります。そういった情報を子どもに見せないためには、直接子どもに注意喚起をする必要があるのではないでしょうか。子ども用の携帯電話にはこのようなインターネットアクセスを制限するモードがあったり、家庭のパソコンのセキュリティを設定することで子どもには不適当なページの閲覧を禁止することが出来ます。しかしそういった制限をかけても、どこから情報が流失するのかわからないため、見てはいけないものが存在すること、そういったものを閲覧することを禁止する考えが親にあることなどをしっかり伝えなければいけません。

ネットのトラブルに巻き込まれないための注意喚起

子どもたちの人間関係にも、インターネットは密接に関わっています。直接言葉で伝えずに、メールやネット上に他人の悪口や情報を書き込みするなどのトラブルも多く見られるようになりました。こうしたネット上のトラブルを回避するためには、インターネットの使い方について今一度子どもへ注意を促す必要があります。 インターネットに情報を書き込むことで、それが不特定多数の目に触れるという危険性について子どもたちに注意喚起すること、また見ず知らずの人とのネットのやり取りなどから発生するトラブルを未然に回避するため、家庭内での約束事などを決めてインターネットを利用するなど、セキュリティ面にも配慮が必要です。インターネットは架空の世界のものではなく、実際にそのディスプレイの向こうに生身の人間がいるということを忘れないように、子どもたちに教えていくことでネットを介したトラブルを避けることができますから、まずはこういったネットのマナーに関することをしっかりと教えていく必要があります。